お風呂でのチントレの4つのメリット



たくさんのチントレマニュアルを手に入れ、実践して来ました。
その中で学んだのはチントレはお風呂でやるべきだという事です。
お風呂で行うと色々なメリットがあり、デメリットも解消出来ます。

多くのチントレマニュアルは部屋でのトレーニングをオススメしています。
準備運動から始まり、一連のトレーニングを自分の部屋で行うのです。
しかし、私はこの方法に4つの疑問と不安を感じました。

1.家族にバレる
夜ならまだしも、昼間にカーテンを閉めて何かをコソコソするのは不自然です。
鍵が付いているならかけられますが、無いとドキドキですよね。
チントレ中に突然、家族が入って来たら修羅場です。

2.自分の部屋がない人は?
そもそも自室が無かったり、ルームシェアなどをしている人は出来ない事になります。

3.準備運動に使うホットタオルが不自然
ホットタオルでペニスを温める準備運動があります。
マニュアルには電子レンジでタオルをチンするとありますが、すごく不自然ですよね。 家族が見たら何て思うでしょう?

4.部屋が汚れる
ローションを使って行うチントレがあります。
ローションは油脂なので拭き取るのが大変で、ティッシュを何枚も使ってしまいます。
それにチントレ中にうっかり射精してしまった場合も大変です。

私はこれらの疑問と不安を持ちながらチントレしていました。
ただ、1人暮らしや単身赴任中の方などマニュアル通りに実践出来る方も多くいらっしゃいます。

私は家族と一緒な上、小心者なのでお風呂でのチントレを思いつきました。
4つのメリットがデメリットを解消してくれます。
私にとってはとても快適で、何故、多くのチントレマニュアルでお風呂場を勧めないのかが不思議です。

1.浴室ならバレない
多くの家は脱衣所と浴室に分かれています。
浴室には曇りガラスの戸が付いているので、脱衣所に家族が来ても浴室の様子は見えません。
脱衣所にもドアがあるので家族が来ても気付き、2つの扉が二重の盾になります。

部屋に30分こもってチントレするより、お風呂で30分チントレする方が長風呂と思われるだけで自然です。
トイレと同じで家族が立ち入らない場所なので、プライバシーの保護に最適です。

2.ホットタオルがいらない
湯船でペニスを揉みほぐせば血行が促進されて準備運動になるので、ホットタオルは使いません。
もし使う場合もお風呂にタオルを持ち込んでも何ら不自然さはありません。

3.季節を問わない
寒い冬は体全体を温めながら、暑い夏は汗を流しながら快適に行えます。
冬の寒い部屋でのチントレはエアコンを付けていても寒いし、震えてペニスが言う事を聞かなくなります。

4.汚れは洗い流しちゃおう
使ったローションやボディソープ、そしてつい射精してしまった場合も終わったらシャワーで洗い流してしまえばいいのです。
汚くてバイキンだらけのペニスを綺麗に洗ってからチントレ出来るので、感染予防にもなります。

お風呂でのチントレは環境・衛生・不安などのデメリットが解消出来、メリットがたくさんあります。
強制はしませんが、ぜひチントレライフに取り入れて頂ければと思います。
ただ、私の経験からの提案なので、もしバレても保証は出来ません。

Copyright (C) チントレについて All Rights Reserved.